賃貸物件に住むメリット

これからの新しい住まいのことを考えたとき、固有の家を持つか、ずっと賃貸物件に住み続けるかということを、将来を見据えて検討する機会もあるでしょう。ここでは、賃貸物件を利用するメリットについて触れていきます。マイホームか賃貸物件か迷っている人は読んでみてください。

住宅ローンの破綻リスクがないので安心

生活の拠点を持ち家にするか賃貸物件にするかで悩む人もいますが、賃貸物件には住宅ローンの破綻リスクがないという魅力があります。住宅ローンで住宅を購入する場合、社会情勢が変化した時に生活が厳しくなる恐…

家族構成や所得の変化に応じて住み替えられる

持ち家と違い賃貸物件は、住み替えがしやすいのが大きな特徴です。主に賃貸物件は2年程度で更新を行います。この更新時期に合わせて引越しを検討する人も多いです。例えば、転職などにより所得に変化が生まれた…

部屋や周辺の環境に不満があるなど気に入らなければ引っ越しができる

賃貸住宅に暮らすためには、ずっと家賃を支払い続ける必要があります。また、家賃前払い(月末までに翌月分の家賃を支払う)が多いという関係もあり、入居に際しては初期費用が掛かることを覚悟しなければなりま…

>

札幌の賃貸物件、エアコンは?

単身者・家族の賃貸物件の広さ

初めての一人暮らしや、子どもが生まれたので人数に合った広さの部屋に引っ越したいなど、単身者や家族が賃貸物件を探す理由はさまざまあります。理想的な物件を見つけるために、単身者や家族が住むにはどれくらいの広さが必要なのかを説明します。

単身向けの賃貸物件の場合

就職や進学などで一人暮らしを始める方の中には、物件を初めて探すという方も多く、どのような物件が一人暮らしに向いているのかわからないでしょう。一般的には、1Kや1DKの物件がほとんどで、お金に余裕が…

子ども1人の3人家族の場合

子どもが1人いる3人家族の賃貸選びは、ライフスタイルや住む人の年齢層によって変わってくると言えます。子どもが小さい内は、1LDKの間取りでも十分生活できる事でしょう。一方で小中学生の子どもがいれば…

子ども2人の4人家族の場合

できれば2DKの広さが欲しい

賃貸住宅を探すときは、現在の家族構成だけでなく、将来を見据えたうえで決めることが大切です。子どもがいない夫婦の場合は、子どもが生まれることも想定しておきましょう。子どもが2人生まれた場合は4人家族になります。その場合、2DKの広さがあれば暮らしやすいのではないでしょうか。こちらにはダイニングキッチン以外にも2部屋あるため、夫婦と子ども、別々の部屋を確保することができます。もちろん、子どもの年齢や性別なども関係してきます。気に入った物件がない場合は、2Kという選択肢もあるでしょう。こちらは、一昔前にあった典型的な間取りとしても知られています。それだけに、設備が古いとの覚悟が必要かもしれません。一方、2LDKを選ぶ方法もあり、家族で過ごす居住空間を広く取れることが期待できます。

3DKあれば子どもに個室が与えられる

住宅を借りるときに優先する条件として、交通アクセスのよさ、日常生活の便利さなどがあり、個々によっても異なってきます。そんななかでも、月々の家賃を見逃すことができません。家賃は月々発生する費用のなかでもウエイトが大きく、生活を圧迫することも避けられないからです。一般的には、部屋数が多くて面積が広くなるほど、それに比例して家賃も高くなります。そのため、子どもの成長にともない引っ越しの必要性を感じても、安易な引っ越しは難しいかもしれません。塾の費用など、いろいろな費用が掛かることが想定されます。しかし、可能なら3DKへの引っ越しを検討しましょう。そうすることで、子どもたちに個室を与えることも夢ではありません。異性のきょうだいの場合はもちろん、同性のきょうだいでも独立した部屋があるほうがよいからです。もちろん、自室にこもりっきりではなく、家族間で交流の場を持つことが大前提になります。